• 坂の上社労士事務所

国民健康保険の保険料(税) 賦課賦課限度額最大が99万円から102万円に増税

「国民健康保険法施行令の一部を改正する政令(令和4年政令第44号)」が令和4年2月18日付けの官報にて公布されました。

この改正により、令和4年4月1日より、国民健康保険の保険料(税)について、基礎賦課額に係る賦課限度額が63万円から65万円に、後期高齢者支援金等賦課額に係る賦課限度額が19万円から20万円に、それぞれ引き上げられます。一方で介護納付金賦課額に係る賦課限度額は17万円に据え置かれます。

この改正によってすべての賦課限度額の合計額は、はじめて100万円を超えることになります(65万円+20万円+17万円=102万円)。


詳しくはこちら

※直近30日分の官報情報は無料で閲覧が可能です。

最新記事

すべて表示

国税庁から、「令和4年分年末調整のしかた」や、令和4年分年末調整のための各種申告書などの『令和4年分の年末調整』に関する資料が公表されております。令和4年の年末調整の計算に当たっては、令和3年分と比較し、大きな改正はありません。 ▼令和4年分年末調整のしかた https://ww

厚生労働省から、被保険者資格の勤務期間要件(2月要件)の見直し及び適用除外要件の見直しを取り上げた、『年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律の施行(令和4年10月施行分)に伴う事務の取扱いに関するQ&A集』が公表されています。 Q&A一部抜粋 ▼問2 2月以内