• 坂の上社労士事務所

「源泉所得税の改正のあらまし 令和4年4月」を公表(国税庁)

令和4年5月10日に国税庁から「源泉所得税の改正のあらまし 令和4年4月」が公表されました。


令和4年度の税制改正により、源泉所得税関係について行われた改正のなかで主要なものが紹介されております。


内容としては住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除に関する改正や、非居住者である扶養親族に係る扶養控除の適用に関する改正が目立っております。


これらは、すべての社員に適用される規定ではないものの、対象となる社員がいれば、企業側の対応に変更が生じる部分もあるため、給与計算や年末調整の担当者は確認しておいたほうがよいでしょう。



詳しくはこちら

最新記事

すべて表示

令和4年5月6日に、経済産業省より大企業向け「賃上げ促進税制」に関するガイドブックとQ&A集(令和4年5月6日公表版)が公表されました。この制度は、賃上げや人材育成への投資を積極的に行う企業に対し、雇用者給与等支給額の前年度からの増加額の一定割合を、法人税額又は所得税額から控除す

令和4年3月31日、令和4年度税制改正大綱の内容を盛り込んだ「所得税法等の一部を改正する法律(令和4年法律第4号)」が成立しました。 この改正では、成長と分配の好循環の実現に向けて、多様なステークホルダーに配慮した経営と積極的な賃上げを促す観点から賃上げに係る税制措置を抜本的に強