top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

地域別最低賃金額改定の目安/東京都最低賃金については現行どおり(東京都最低賃金の改正答申)

1.地域別最低賃金について

第57回中央最低賃金審議会で、今年度の地域別最低賃金額改定の目安について答申が取りまとめられました。


☛ポイント

・令和2年度地域別最低賃金額については、新型コロナウイルス感染症拡大による現下の経済・雇用への影響等を踏まえ、引上げ額の目安を示すことは困難であり、現行水準を維持することが適当

・地方最低賃金審議会において、上記見解を十分に参酌しつつ、地域の経済・雇用の実態を見極め、地域間格差の縮小を求める意見も勘案しつつ、適切な審議が行われることを希望


2.東京都最低賃金について

東京地方最低賃金審議会は、東京労働局長に対し、東京都最低賃金については、現行どおりが適当であるとの答申を行いました。


☛ポイント

・7月10日、東京労働局長から東京地方最低賃金審議会に対し諮問を行った東京都最低賃金(地域別最低賃金)の改正について、同審議会は審議の結果、8月5日、東京都最低賃金時間額1,013円については、現行どおりとすることが適当である旨の答申を行いました。


3.実務上の対応について

新型コロナウイルスの影響により、今年は全国的に最低賃金の据え置きが予定されています。最低賃金は罰則も厳しく、労働局や労基署も必ず確認する項目です。助成金申請の際にも厳しくチェックされる項目ですので、あらためて確認しましょう。


☛ポイント

・自社の賃金額を再確認し、最低賃金を下回ることのないよう対応しましょう。

・仮に最低賃金が据え置きになれば、最低賃金額で時間単価を設定している企業様は、固定残業手当の内訳(時間外手当相当分の時間外時間等)を確認・改定する必要はありません。

最新記事

すべて表示

定額減税特設サイト開設(国税庁)/2024年6月以降、給与計算時にはご注意下さい

「令和6年度税制改正の大綱」において、令和6年分の所得税について、定額による所得税の特別控除(定額減税)を実施することとされました。 法案の国会提出前であっても、制度の詳細についてできる限り早急に公表することとされており、国税庁のホームページにおいても、特設サイトが設けられました。 この特設サイトでは、定額減税に関する最新情報を随時掲載して行くということです。現時点では、新着情報として、「給与の支

厚生労働省関係の主な制度変更が公表されています(令和5年4月)

厚生労働省より、同省関連の主な制度変更内容が公表されました。主な、雇用・労働関係の変更は次の通りです。 雇用・労働関係(令和5年4月~)> ▼月60時間を超える時間外労働の割増賃金率の引上げ(中小企業) 令和5年4月から、中小企業の月60時間を超える時間外労働に対する割増賃金率

賃金のデジタル払いに関するリーフレットが公開されています(厚生労働省)

令和5年4月1日施行の労働基準法施行規則の改正により、賃金のデジタル払い(一部の資金移動業者の口座への賃金支払)が可能となります。厚生労働省では、当該資料として、リーフレットを公表しています。 手続の流れ、注意点、万が一の場合の対応についてなど、概要が記載されています。

Comments


bottom of page