• 坂の上社労士事務所

令和4年12月以降の雇用調整助成金の特例措置等について(予定公表)

厚生労働省より、「令和4年12月以降の雇用調整助成金の特例措置等について」が公表されています。

令和4年12月~令和5年3月の具体的な助成内容は、以下の通りとなります。ただし、こちらはあくまで「予定」ですので、正式な発表は後日となります。

現在、雇用調整助成金を受給中の企業様も、助成率・助成上限は低下するものの、いったんは来年の3月分まで申請可能となりそうです。

詳しくはこちら


(※6)生産指標が最近3か月の月平均で前年、前々年又は3年前同期比で30%以上減少している事業主。

最新記事

すべて表示

これまで、失業認定の際には、受給資格決定時に提出していた写真を貼付した雇用保険受給資格者証で本人確認や処理結果の通知が行われてきましたが、2022年10月1日以降に受給資格決定が行われた方は、希望により、マイナンバーカードによる本人認証を活用することで、受給資格者証に貼付する写真

令和4年10月1日の育児休業法の改正(出生時育児休業の創設、育児休業の見直し)に伴い、雇用保険の育児休業給付金制度も制度変更されます。なお、制度変更については、令和4年10月1日以降に開始する育児休業が対象となります。主な変更点は以下です。 1.雇用保険の被保険者の方が、子の出生

厚生労働省より、人材開発支援助成金について、制度見直しのパンフレットが公表されております。具体的な制度変更の内容としては、訓練施設の要件変更、提出書類の省略、定額制訓練の要件変更、OJT訓練指導者の要件変更、教育訓練短時間勤務等制度の要件変更、OJTの実施要件の変更となります。