• 坂の上社労士事務所

失業給付を受給する際の「給付制限期間」が2か月に短縮されます」令和2年10月1日~適用


▶改正点

・令和2年9月30日までに正当な理由がない自己都合によりで退職された場合

⇒失業給付を受ける際の給付制限期間は3か月

・令和2年10月1日以降に離職された方で、正当な理由がない自己都合により退職した場合

⇒失業給付を受ける際の給付制限期間は5年間のうち2回までは2か月


※ただし、自己の責めに帰すべき重大な理由で退職された方の給付制限期間はこれまでどおり3か月となります。


詳細はこちら

最新記事

すべて表示

令和3年4月1日より現物給与価額(食事・住宅)が改正されます

社会保険の被保険者が、会社から労働の対償として現物で支給される場合、その現物を通貨に換算し報酬に合算のうえ、保険料額算定の基礎となる標準報酬月額を求めることになります。現物支給が食事や住宅である場合は、「厚生労働大臣が定める現物給与の価額」に基づいて通貨に換算します。今回、この現

賞与支払届総括表・算定基礎届総括表の廃止、賞与不支給報告書の新設について

1.令和3年4月から賞与支払届等に係る総括表が廃止となります 厚生年金保険の適用事務に係る事業主等の事務手続きの利便性向上を図る目的から、賞与支払届・算定基礎届の提出の際に添付していた総括表が廃止されることになりました。 ※令和3年4月1日以降提出分から、総括表の添付が不要となり

令和3年度の雇用保険料率が公表されています

厚生労働省より、令和3年度(令和3年4月1日~令和4年3月31日)の雇用保険料率が公表されました。令和2年度から変更はありません。 ▼労働者負担 一般の事業 3/1,000 農林水産・清酒製造の事業 4/1,000 建設の事業 4/1,000 ▼事業主負担 一般の事業 6/1,0