失業給付を受給する際の「給付制限期間」が2か月に短縮されます」令和2年10月1日~適用


▶改正点

・令和2年9月30日までに正当な理由がない自己都合によりで退職された場合

⇒失業給付を受ける際の給付制限期間は3か月

・令和2年10月1日以降に離職された方で、正当な理由がない自己都合により退職した場合

⇒失業給付を受ける際の給付制限期間は5年間のうち2回までは2か月


※ただし、自己の責めに帰すべき重大な理由で退職された方の給付制限期間はこれまでどおり3か月となります。


詳細はこちら

最新記事

すべて表示

1月1日 ①改正電子帳簿保存法 事前承認制度の廃止、スキャナ保存後の原本廃棄可能といった要件緩和、電子取引データを書面のみで保存不可、不正に対する措置の厳格化など ※2年の猶予期間あり ②改正雇用保険法 65歳以上の副業者への雇用保険適用 ③健康保険法 傷病手当金、受給開始日から