top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

令和5年度 地域別最低賃金改定の目安決定 39円~41円引き上げ 全国平均1,002円

令和5年7月28日に開催された「第67回中央最低賃金審議会」において、令和5年度の地域別最低賃金額改定の目安について、答申の取りまとめられました。


答申のポイント

・ランクごとの目安

各都道府県の経済実態に応じてA~Ⅽの3ランクに分類し、引き上げ額の目安を決定しています。

Aランク41円 東京都など6都府県

Bランク40円 茨城県、広島県など28道府県

Cランク39円 沖縄県、青森県など13県


今後は、各地方最低賃金審議会で、この答申を参考にしつつ、地域における賃金実態調査や参考人の意見等も踏まえた調査審議の上、答申を行い、 各都道府県労働局長が地域別最低賃金額を決定することとなります(適用は、令和5年10月頃から)。


この目安どおりの引き上げとなれば、全国加重平均は1,002円(上昇額は41円)となり、上昇額は昭和53年度に目安制度が始まって以降で最高額となります。(現在は961円)

これを、地域別(都道府県別)にみると、最も高い東京都が1,113円、最も低い県が892円となります。



最新記事

すべて表示

雇用保険法等の改正「雇用保険の適用拡大など」に関する資料を公表(厚労省より)

令和6年5月17日の官報に、「雇用保険法等の一部を改正する法律(令和6年法律第26号)」が公布されましたが、その改正内容を紹介するページが設けられました。 下記に今回の雇用保険の適用拡大に関する概要を載せますので、是非ご確認ください。 ●改正の趣旨 雇用労働者の中で働き方や生計維持の在り方の多様化が進展していることを踏まえ、雇用のセーフティネットを拡げる必要がある。 ●改正の概要 1.雇用保険の適

職種限定の労使合意がある労働者の配置転換(最高裁より違法との判決)

令和6年4月26日、職種を限定する労使合意があった労働者を、その合意に反して配置転換できるかが争われた訴訟の上告審判決が、最高裁第二小法廷にて行われました。 裁判長は、「合意に反した配置転換は、本人の同意がない限り違法」との初めての判断を示し、二審の高裁判決を破棄しました。 その判断の理由は、下記のとおりです。(判決文から抜粋) ●労働者と使用者との間に当該労働者の職種や業務内容を特定のものに限定

「企業の配偶者手当の在り方の検討」 リーフレットの更新を発表(厚労省より)

令和6年4月25日、企業の配偶者手当の在り方の検討のサイトを更新したとの発表がありました。(厚労省より) 働く意欲のあるすべての人がその能力を十分に発揮できる社会の形成が必要となっている中、パートタイム労働で働く配偶者の就業調整につながる配偶者手当(配偶者の収入要件がある配偶者手当)については、配偶者の働き方に中立的な制度となる事が望まれています。 ●配偶者手当とは 民間企業において、配偶者がいる

Comentarios


bottom of page