top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

障害者雇用納付金制度の改正の概要を紹介(独:高齢・障害・求職者雇用支援機構)

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構から、障害者雇用納付金制度の改正の概要について、お知らせがありました(令和5年7月28日公表)。


改正の概要をまとめたページが設けられていますが、特に、令和6年4月1日施行関係は、確認が必要になります。


【令和6年4月1日施行関係の改正内容】

1.障害者の法定雇用率の引上げ


障害者の法定雇用率が、現行の2.3%から2.5%に引き上げられます。




2.特定短時間労働者の実雇用率への算定

週所定労働時間が10時間以上20時間未満の重度身体障害者、重度知的障害者及び精神障害者について、雇用率上、1人をもって0.5カウントできるようになります。


3.特例給付金の廃止

上記2の開始に伴い、週所定労働時間10時間以上20時間未満の障害者を対象とした特例給付金が廃止されます。

 なお、令和6年3月31日までに雇入れられた週所定労働時間が10時間以上20時間未満の重度以外の身体障害者及び知的障害者については、1年間の経過措置があります。


4.一定数を超えて障害者を雇用する場合の超過人数分の調整金及び報奨金の支給額調整

・調整金について 

支給対象人数が10人を超える場合には、当該超過人数分への支給額が

1人当たり23,000円(本来の額から6,000円を調整)となります。

・報奨金について

支給対象人数が35人を超える場合には、当該超過人数分への支給額が

1人当たり16,000円(本来の額から5,000円を調整)となります。


最新記事

すべて表示

令和6年分所得税の定額減税に関するお知らせ

国税庁から令和6年分所得税の定額減税について二つお知らせがありましたので紹介します。 まず一つ目が、令和6年3月1日、「給与支払者向け所得税定額減税コールセンター」の開設と、「給与支払者向け定額減税説明会」の開催についてです。コールセンターでは、所得税の定額減税制度における給与の源泉徴収に関する一般的なご質問やご相談を受け付けています。説明会は、全国各地の税務署等で、令和6年3月下旬から令和6年5

令和6年3月25日官報にて、保育所等の「落選狙い」(育児休業給付金の延長目的)を防ぐための改正省令を公表

令和6年3月25日、官報に、「雇用保険法施行規則の一部を改正する省令(令和6年厚生労働省令第47号)」が公布されました。(令和7年4月1日施行)こ育児休業給付金の受給期間を延長する目的の改正省令は、育児休業給付金について、子が1歳に達した後も休業を延長(最大2歳まで)し、その支給を受けるための要件について、下線部のカッコ書を加えられました。 ●保育所等における保育の利用を希望し、申込みを行っている

厚労省がストレスチェック実施プログラムの最新版を公開

厚労省は、各事業場において円滑に導入できるよう、労働安全衛生法において規定しているストレスチェック制度について、「厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム」を、「厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム」ダウンロードサイトにおいて公開しています。 令和6年3月19日、そのプログラムの最新版(ver.3.7)が、ダウンロードサイトにおいてリニューアルされました。 「Ver3.6以前のプログラムを

Comments


bottom of page