top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

(厚労省)業務改善助成金案内動画を公開(令和5年8月の拡充を反映)

業務改善助成金は、生産性向上に資する設備投資等(機械設備、コンサルティング導入や人材育成・教育訓練)を行うとともに、事業場内最低賃金を一定額(各コースに定める金額)以上引き上げた中小企業・小規模事業者に対し、その設備投資などにかかった費用の一部を助成するものです。

令和5年8月からは、対象となる事業場・助成内容等の拡充が図られています。


対象事業者

・中小企業・小規模事業所であること

・事業場内最低賃金と地域別最低賃金の差額が50円以内であること

・解雇、賃金引き下げなど不交付事由がないこと

以上の要件をすべて満たした場合に、事業場ごとに申請いただけます。

(なお、事業場の考え方については、お近くの労働局又は労働基準監督署までお問い合わせください。)

引き上げる最低賃金額及び引き上げる労働者の人数によって助成上限額が変わります。


この業務改善助成金について、厚生労働省から、令和5年8月の拡充を反映させた案内動画が公開されました(令和5年10月30日公表)。 動画として、概要編と手続き編の2本が用意されています(合計の視聴時間は20分程度)。


最新記事

すべて表示

令和6年分所得税の定額減税Q&Aを更新(国税庁より)

国税庁より、令和6年4月11日には、「令和6年分所得税の定額減税Q&A」を更新したとの発表がありました。 以下ピックアップした点です。 Q. 給与収入以外の所得により、令和6年分の合計所得金額が1,805万円を超えることが明らかであり、年末調整時に定額減税の適用を受けることができないので、月々の給与等から月次減税額を控除しないでほしいという申出が従業員からありました。この場合、従業員からの申出に従

割増賃金の算定における在宅勤務手当の取扱いについて(厚労省より)

厚労省より、労働基準局の新着の通知として、「割増賃金の算定におけるいわゆる在宅勤務手当の取扱いについて(令和6年4月5日基発0405第6号)」が公表されました。 今回の発表では、在宅勤務をする労働者に使用者から支給される「いわゆる在宅勤務手当」について、割増賃金の算定基礎から除外することができる場合を明確化するため、在宅勤務手当のうちどのようなものであれば割増賃金の算定基礎から除外することが可能で

Comments


bottom of page