top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

育児休業給付 両親がともに14日以上取得で給付率引き上げ

厚生労働省から、「第186回 労働政策審議会職業安定分科会雇用保険部会」の資料が公表されました。 今回、育児休業給付等及び教育訓練給付等について、これまでの議論の整理と見直しの方向性が示されました。

特に、育児休業給付等のうち、「育児休業給付の給付率の引上げに関する検討の方向性」が、報道などで話題になっています。


●育児休業給付の給付率の引上げに関する検討の方向性 出生後一定期間内に両親ともに育児休業を取得することを促進するため、以下の方向で具体的な制度設計を検討することとしてはどうか。 【制度概要】 子(養子を含む。)の出生後一定期間内に、被保険者とその配偶者がともに一定期間以上の育児休業を取得した場合には、(男性が一定期間以上の「産後パパ育休」を取得するとともに、女性が産休を取得し、育児休業を取得した場合など)28日間(産後パパ育休期間と同じ期間)を限度に、給付率を現行の67%(手取りで8割相当)から、8割程度(手取りで10割相当)へと引き上げる。


今後、方向性固め、来年の通常国会に関連法案を提出し、令和7年度からの施行を目指すこととされています。

最新記事

すべて表示

令和6年4月 建設業・自動車運転業務・医師にも時間外労働の上限規制 適用(東京労働局)

東京労働局から、「本年4月1日から建設業・自動車運転業務・医師にも時間外労働の上限規制が適用されます」というお知らせがありました。 本年4月1日から、建設業・自動車運転業務・医師においても時間外労働の上限規制が適用されることに伴い、時間外労働及び休日労働に関する協定(36協定)届も新しい様式に改正されます。 東京労働局では、都内 18 の労働基準監督署(支署)に設置している「労働時間相談・支援コー

日本年金機構 お知らせなどの情報を掲載

日本年金機構では、事業主の皆さま及び厚生年金保険被保険者の皆さまに、年金制度などについての情報を提供するために、基本的に毎月、「日本年金機構からのお知らせ」を公表しています。今回、令和6年2月号が公表されました。 【ご案内】 ・被保険者資格取得届への個人番号の記載が義務化されました ・賞与支払届を忘れずにご提出ください ・年収の壁に取り組む企業への支援強化パッケージが始まりました! ・令和6年1月

「ワークエンゲージメントの向上」更新(働き方・休み方改善ポータルサイト)

「働き方・休み方改善ポータルサイト(厚生労働省の委託事業)」では、企業の皆様が自社の社員の働き方・休み方の見直しや改善に役立つ情報を提供しています。 ・リーフレット エンゲージメントの概念や、企業がエンゲージメント向上に取り組む意義に加え、具体的な取組事例などを紹介しています。 ・ワークエンゲージメント向上取組事例の紹介 働く方々のエンゲージメントの向上に取り組む企業の取組事例を紹介しています。

bottom of page