• 坂の上社労士事務所

令和2年度地域別最低賃金改定状況が厚生労働省より公開されました

厚生労働省から、令和2年度の「地域別最低賃金の全国一覧」が公表されています。

詳細はこちら


☛ポイント ・最低賃金の引き上げを実施したのは40県で、1円~3円の引き上げ ・改定後の全国加重平均額は902円(昨年度901円)

☛よくあるご質問

・最低賃金はいつから適用すれば良いのでしょうか?

⇒最低賃金は実際に勤務した日が適用されます。

例】埼玉県の事業所、給与計算期間9月16日~10月15日、給与支払い日10月25日

9月16日~9月30日勤務分⇒従前の最低賃金926円を適用し、10月25日に支給

10月1日~10月15日勤務分⇒改定後の最低賃金928円が適用し、10月25日に支給


例】宮崎県の事業所、給与計算期間9月16日~10月15日、給与支払い日10月25日

9月16日~10月2日勤務分⇒従前の最低賃金790円を適用し、10月25日に支給

10月1日~10月15日勤務分⇒改定後の最低賃金793円を適用し、10月25日に支給

最低賃金の発効年月日は各都道府県により異なりますので、注意が必要です。

最新記事

すべて表示

令和3年4月1日より現物給与価額(食事・住宅)が改正されます

社会保険の被保険者が、会社から労働の対償として現物で支給される場合、その現物を通貨に換算し報酬に合算のうえ、保険料額算定の基礎となる標準報酬月額を求めることになります。現物支給が食事や住宅である場合は、「厚生労働大臣が定める現物給与の価額」に基づいて通貨に換算します。今回、この現

令和3年度の雇用保険料率が公表されています

厚生労働省より、令和3年度(令和3年4月1日~令和4年3月31日)の雇用保険料率が公表されました。令和2年度から変更はありません。 ▼労働者負担 一般の事業 3/1,000 農林水産・清酒製造の事業 4/1,000 建設の事業 4/1,000 ▼事業主負担 一般の事業 6/1,0

令和3年度の協会けんぽ保険料率は3月分(4月納付分)から改定されます/健康保険・介護保険

協会けんぽ(全国健康保険協会)から、3月分(4月納付分)健康保険料率改定から改定が公表されています。給与計算など実務上注意が必要です。 令和3年度の変更のポイント 1.都道府県単位保険料率は、富山県以外は引き上げ又は引き下げ(全国平均10%は維持) 2.全国一律の介護保険料率は、