top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

令和5年の出生数約73万人・合計特殊出生率1.20 8年連続低下の過去最低水準(厚労省より)

令和6年6月5日、「令和5年(2023)人口動態統計月報年計(概数)の概況」が公表されました(厚労省より)。

この調査は、出生、死亡、婚姻、離婚及び死産の人口動態事象を把握し、人口及び厚生労働行政施策の基礎資料を得ることを目的としています。


【調査結果のポイント】

・出生数は、727,277人で過去最少(8年連続減少)(対前年 43,482人減少)

・合計特殊出生率は、1.20で過去最低(8年連続低下)(同 0.06ポイント低下)

・死亡数は、1,575,936人で過去最多(3年連続増加)(同 6,886人増加)

・婚姻件数は、474,717組で減少(同 30,213組減少)

・離婚件数は、183,808組で増加(同 4,709組増加)


なお、都道府県別にみた合計特殊出生率について、東京都で初めて1を下回り、0.99となったことが話題になっています(1を下回ったのは全国で東京都のみ)。


※今回取りまとめられた結果は、令和5年(2023年)の1年間に日本において発生した日本人の事象を集計したものとなっています。


<令和5年(2023)人口動態統計月報年計(概数)の概況>


最新記事

すべて表示

相談件数とあっせん申請件数「いじめ・嫌がらせ」が引き続きトップ 令和5年度の個別労働紛争の状況

令和6年7月12日、厚労省より「令和5年度 個別労働紛争解決制度の施行状況」が発表されました。 「個別労働紛争解決制度」とは、個々の労働者と事業主との間の労働条件や職場環境などをめぐるトラブルを未然に防止し、迅速に解決を図るための制度で、①「総合労働相談」、②都道府県労働局長による「助言・指導」、③紛争調整委員会による「あっせん」の3つの方法があります。 令和5年度の施行状況のポイントを以下にまと

令和6年7月 変更を予定している年末調整関係書類を掲載(国税庁より)

令和6年7月8日、国税庁のホームページにおいて、変更を予定している年末調整関係書類が掲載されました。 税制改正等に伴い変更を予定している年末調整関係書類を以下にまとめました。 ①令和6年分 給与所得者の保険料控除申告書……次の記載欄を削除。 ・「生命保険料控除」欄の「保険金等の受取人」欄のうちの「あなたとの続柄」欄 ・「地震保険料控除」欄のうちの「保険等の対象となった家屋等に居住又は家財を利用して

令和5年度協会けんぽの決算見込みが4,662億円の黒字に

令和6年7月5日、協会けんぽ(全国健康保険協会)から、「2023(令和5)年度協会けんぽの決算見込み」が発表されました。 ポイントを以下の通りです。 <全体の収支状況> 2023年度は収入(総額)が11兆6,104億円、支出(総額)が11兆1,442億円、収支差は4,662億円(収支差は前年度から343億円の増加)。 <収入の状況> ・収入(総額)→前年度から3,011億円増加。 ・保険料収入→2

Comments


bottom of page