• 坂の上社労士事務所

直前対策【2020年、年末調整をわかりやすく解説】未婚のひとり親に対する税制上の措置及び寡婦(寡夫)控除の見直し

1.これまでの寡婦(夫)控除の問題点

・対象となる「ひとり親」の定義が「離婚・死別」となっており、未婚の場合は適用されなかった

・男性のひとり親と女性のひとり親で寡婦(夫)控除額が異なるなど、男女間で差が生じていた


2.改正の目的

全てのひとり親家庭に対して公平な税制支援を行えるよう改正


3.ひとり親控除・寡婦(寡夫)控除の要件の見直し

本人(男or女)の所得合計金額が500万円(年収 678万円)以下の単身者で、生計を一にする子(総所得金額等48万円以下=給与収入103万円以下)がいる場合

ひとり親控除(控除額35万円)が適用

本人(女性のみ)の所得合計金額が500万円(年収 678万円)以下の単身者で、子以外の扶養親族がいる寡婦、または扶養親族がいない寡婦

寡婦控除(控除額27万円)が適用

❸住民票の続柄に「夫(未届)」「妻(未届)」の記載がある者は対象外

※出典:「令和2年度税制改正」財務省


4.扶養控除申告書の記載

令和2年扶養控除申告書には、「ひとり親」の記載欄が設けられていませんので、「特別の寡婦」を訂正の上「ひとり親」と記載し、チェックを入れて申告してください。



5.ひとり親控除及び寡婦控除に関するFAQ(源泉所得税関係) /国税庁

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/pdf/0020004-145.pdf

最新記事

すべて表示

1月1日 ①改正電子帳簿保存法 事前承認制度の廃止、スキャナ保存後の原本廃棄可能といった要件緩和、電子取引データを書面のみで保存不可、不正に対する措置の厳格化など ※2年の猶予期間あり ②改正雇用保険法 65歳以上の副業者への雇用保険適用 ③健康保険法 傷病手当金、受給開始日から

10月22日に個人番号保護委員会から、個人番号(マイナンバー)の範囲について、問い合わせを受けることが多いということで周知が行われております。 周知内容は次のとおりです。 ●番号法第2条第8項において、個人番号(マイナンバー)とは、第5項に定義される番号そのものだけでなく「個人番