top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

【2020年、年末調整をわかりやすく解説】年末調整の対象となる人、ならない人

1.よくあるご質問

・年末調整をするしないは自分で選択できる?

・自分で確定申告をするから年末調整を受けなくてもよい?

・パートの年間収入50万円だから年末調整をしなくてよい?

上記のような質問をよく受けますが、原則から言えばこれは全てNOとなります。まず、年末調整は自身で受ける受けないを決定できるものではありません。年末まで主たる給与の支払いを受けており、かつ、年末調整の対象外(以下の2)とならない場合は、年末調整を実施しなければなりません。


2.年末調整の対象外となる方

・給与年収2000万円超の方

・災害減免法の規定により、所得税の徴収猶予や還付を受けた方

・所得税を「乙欄」徴収している方

・年の途中で退職した方

・年の途中で入社した方で、前職源泉徴収票の提出ができない方

・非居住者の方


3.確定申告者が年末調整をするメリット

確定申告の際、生命保険料控除証明書などを添付する必要はありません。会社で年末調整を行った際に発行される源泉徴収票に生命保険料の控除記載があれば、それをもって申告可能です。


4.入社・退職が11月・12月の場合の年末調整

【事例】12月25日が年内最終給与

①11月1日入社、12月給与支給あり⇒年末調整の対象となります。

②12月1日入社、12月給与支給あり⇒年末調整の対象となります。

③12月1日入社、12月給与支給なし⇒年末調整の対象外となります。

④11月30日退職、12月給与支給あり⇒原則、年末調整の対象外となります(12月25日より前に退職日がある為)。ただし、年内に他社で給与の支払いがなく、当該給与が年内最後の給与であれば、年末調整対象としても差し支えありません

⑤12月1日退職、12月給与支給あり⇒原則、年末調整の対象外となります(12月25日より前に退職日がある為)。ただし、年内に他社で給与の支払いがなく、当該給与が年内最後の給与であれば、年末調整対象としても差し支えありません。

⑥12月25日退職、12月給与支給あり⇒年末調整の対象となります。


5.年末調整の対象となる給与

その年の1月1日から12月31日までの間に支払うことが確定した給与

未払の給与もその年の年末調整の対象となります。

※確定した給与とは、支給日が定められている給与についてはその支給日、支給日が定められていない給与についてはその支給を受けた日、となります。

例:11月末締め・12月10日支払い、12月末締め・1月10日支払い

⇒12月10日支払いまでの給与が本年の年末調整対象となります。

最新記事

すべて表示

厚生労働省関係の主な制度変更が公表されています(令和5年4月)

厚生労働省より、同省関連の主な制度変更内容が公表されました。主な、雇用・労働関係の変更は次の通りです。 雇用・労働関係(令和5年4月~)> ▼月60時間を超える時間外労働の割増賃金率の引上げ(中小企業) 令和5年4月から、中小企業の月60時間を超える時間外労働に対する割増賃金率

賃金のデジタル払いに関するリーフレットが公開されています(厚生労働省)

令和5年4月1日施行の労働基準法施行規則の改正により、賃金のデジタル払い(一部の資金移動業者の口座への賃金支払)が可能となります。厚生労働省では、当該資料として、リーフレットを公表しています。 手続の流れ、注意点、万が一の場合の対応についてなど、概要が記載されています。

令和5年4月1日より現物給与価額(食事・住宅)が改正されます

令和5年度の現物給与の価額が、令和5年4月より改定されます。 食事や住宅など、現物給与で支給している企業様は、確認が必要です。 具体的な価額については、以下をご参考下さい。 詳しくはこちら ☛よくある質問 Q1.現物給与とはどのようなものか? A1.給与は、金銭で支給されるの

bottom of page