• 坂の上社労士事務所

厚生労働省より、令和3年4月以降改正予定の制度概要が公表されています

厚生労働省は、「令和3年4月からの厚生労働省関係の主な制度変更」を公表しています。人事労務分野においても重要な制度変更がなされるので、あらためて確認しておきたいところです。


1.中途採用に関する環境整備【対象:常時雇用労働者が301人以上の事業主】 常時雇用する労働者が301人以上の事業主に対して、「正規雇用労働者の採用者数に占める正規雇用労働者の中途採用者数の割合」の公表が義務となります。

2.70歳までの就業機会確保の努力義務化【対象:全ての事業主】 65歳から70歳までの高年齢者就業確保措置(定年引上げ、継続雇用制度の導入、定年廃止、創業支援等措置(継続的に業務委託契約する制度、社会貢献活動に継続的に従事できる制度)の導入のいずれか)を講ずることが事業主の努力義務となります。

3.同一労働同一賃金(パートタイム・有期雇用労働法)【対象:中小企業】 令和3年4月から、中小企業においても、正社員と非正規雇用労働者(パートタイム労働者・有期雇用労働者)との間の不合理な待遇差が禁止されます。

4.労災保険の特別加入制度の対象拡大【対象:以下の業種】 令和3年4月から、特別加入制度の対象として、次の事業及び作業が追加されます。 ①柔道整復師が行う事業 ②高年齢者等の雇用の安定等に関する法律に規定する創業支援等措置に基づき、委託契約その他の契約に基づいて高年齢者が新たに開始する事業又は社会貢献事業に係る委託契約その他の契約に基づいて高年齢者が行う事業 ③放送番組(広告放送を含む。)、映画、寄席、劇場等における音楽、演芸その他の芸能の提供の作業又はその演出若しくは企画の作業 ④アニメーションの制作の作業


詳しくはこちら

最新記事

すべて表示

母性健康管理措置による休暇制度導入助成金が公表されています

厚生労働省より、新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇制度導入助成金の概要が公表されています。 1.受給条件 ①新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置として、医師または助産師の指導により、休業が必要とされた妊娠中の女性労働者が取得できる有給の休暇制

労働保険料申告書様式が改定されています

令和3年3月30日、厚生労働省より労働保険料に関する通達が公表されました。今年度分より労働保険料申告書の様式が変更されます。主なポイントは以下となります。 ①令和2年度から高年齢免除措置が廃止されたことに伴う改定 ②事業主印の省略 なお、令和3年度労働保険の年度更新期間は令和3

【簡易版】2021年4月1日以降、これだけは押さえておきたい改正点・変更点

2021年4月の改正で、特に重要と思われる点を、当事務所独自の観点で簡潔に記載します。 1.パートタイム・有期雇用労働法 同一労働同一賃金が全ての企業で適用されます。 ▼均等待遇規定 ①職務内容、②職務内容・配置の変更の範囲、が正社員と非正規労働者で同じ場合、基本給や賞与等で差を