• 坂の上社労士事務所

退職所得課税の改正、住宅ローン控除の特例の延長/所得税法等の一部を改正する法律成立

令和3年度税制改正大綱の内容を盛り込んだ「所得税法等の一部を改正する法律」が成立しました。個人の所得税に関しては、次の2つは押さえておきたいところです。


1.住宅ローン控除の特例の延長等

住宅ローン控除の控除期間13年の特例が延長されます。

注文住宅⇒令和2年10月から令和3年9月末まで

分譲住宅⇒令和2年12月から令和3年11月末まで

上記期間内に契約した場合、令和4年12月31日までの入居者が住宅ローン控除特例の対象とします。また、この延長した部分に限り、合計所得金額が1,000万円以下の者について面積要件を緩和し、床面積が40平方メートル以上50平方メートル未満である住宅も対象とします。


2.退職所得課税の改正【令和4年分以降の所得税について適用】

勤続年数5年以下の役員以外(=一般従業員等)の退職金は、退職所得控除額を控除後の残額のうち300万円を超える部分について、2分の1課税の平準化措置の適用から除外されることになりました。つまり、短期在籍者に支払う高額退職金については、課税額が高くなるため、増税となります。なお、勤続年数5年以下の役員の退職金については、従来通り2分の1課税は適用されません。

①計算式の確認

退職所得の所得税=(退職金-退職所得控除額)×1/2×税率

※退職所得控除

勤続20年以下の場合⇒40万円×勤続年数(80万円に満たない場合は80万円)

勤続20年超の場合⇒800万円+70万円×(勤続年数-20年)

※税率=5%~45%

②事例:役員以外の一般社員、勤続4年2カ月、退職金600万円

⑴現制度上の計算

600万円-(40万円×5年)×1/2×税率

⑵改正後の計算

600万円-(40万円×5年)=400万円

300万円×1/2×税率・・・300万円以下は2分の1課税を適用

100万円×税率・・・300万円超は2分の1課税は適用されません


リーフレットはこちら

最新記事

すべて表示

国税庁から、「令和4年分年末調整のしかた」や、令和4年分年末調整のための各種申告書などの『令和4年分の年末調整』に関する資料が公表されております。令和4年の年末調整の計算に当たっては、令和3年分と比較し、大きな改正はありません。 ▼令和4年分年末調整のしかた https://ww

令和4年5月10日に国税庁から「源泉所得税の改正のあらまし 令和4年4月」が公表されました。 令和4年度の税制改正により、源泉所得税関係について行われた改正のなかで主要なものが紹介されております。 内容としては住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除に関する改正や、非居住者で