• 坂の上社労士事務所

令和3年分の年末調整に関する資料が国税庁より公表されています

早いもので、年末調整の時期が近づいてきました。国税庁より、「令和3年分年末調整のしかた」や、令和3年分年末調整のための各種申告書など、令和3年分の年末調整に関する資料が公表されています。ご確認下さいませ。


詳しくはこちら


☛ご参考:令和3年改正点

1.税務関係書類における押印義務の改正

 税務署長等に提出する源泉所得税関係書類について、押印を要しないこととされました。このため、扶養控除等申告書などの年末調整の際に使用する書類についても、従業員等に押印をしていただく必要はありません。


2.源泉徴収関係書類の電磁的提供に係る改正

給与等、退職手当等又は公的年金等(以下「給与等」)の支払を受ける者が、給与等の支払者に対し、次に掲げる申告書の書面による提出に代えてその申告書に記載すべき事項の電磁的方法による提供を行う場合の要件であるその給与等の支払者が受けるべき税務署長の承認が不要とされました。

⑴給与所得者の扶養控除等申告書

⑵従たる給与についての扶養控除等申告書

⑶給与所得者の配偶者控除等申告書

⑷給与所得者の基礎控除申告書

⑸給与所得者の保険料控除申告書

⑹給与所得者の住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除申告書

⑺所得金額調整控除申告書

⑻退職所得の受給に関する申告書

⑼公的年金等の受給者の扶養親族等申告書

なお、上記の電磁的方法による提供を行う場合には、給与等の支払者が次の全ての措置を講じている必要があります。

①電磁的方法による提供を適正に受けることができる措置を講じていること

②提供を受けた記載事項について、その提供をした給与等の支払を受ける者を特定するための必要な措置を講じていること

③提供を受けた記載事項について、電子計算機の映像面への表示及び書面への出力をするための必要な措置を講じていること


3.e-Taxによる申請等の拡充

税務署長等に対する申請等のうちe-Taxによりその申請等に係る書面に記載すべき事項を入力して送信することができないものについて、書面による提出に代えて、スキャナにより読み取る方法等により作成した電磁的記録を送信することにより行うことができることとされました。

最新記事

すべて表示

企業型DC・iDeCoの加入可能年齢の拡大(2022年5月1日施行)/確定拠出年金改正

2022年5月から、以下の内容で改正となります。 1.企業型DC 【現行】 60歳未満の厚生年金被保険者が対象 ※60歳以降は、企業型DC規約に定めがある場合、60歳前と同一事業所で引き続き使用される厚生年金被保険者に限り、最大65歳未満を加入者とすることができました。 【改正】

職場内で濃厚接触者と推定される従業員の勤務をどう判断するか

新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。コロナ感染者については都道府県知事による就業制限が課されますが、濃厚接触者の場合はどのような判断をすれば良いか迷うケースが多々あります。今回は、濃厚接触者の就業制限について、当事務所の考え方を解説します。 1.就業制限・自宅待機期間の原

健康保険・厚生年金保険料の標準報酬月額の特例改定【令和3年8月から令和3年12月】

1.標準報酬月額の特例改定とは ・新型コロナの影響による休業で著しく報酬が下がった場合、通常の随時改定(4か月目に改定)によらず、特例により翌月から改定を可能とする措置です。 ・令和2年4月から令和3年7月まで実施中 2.今回の特例改定実施内容 ①令和3年8月から令和3年12月ま