• 坂の上社労士事務所

健康保険組合連合会 コロナ禍での受診控え等で黒字 令和2年度決算

10月19日に健保連(健康保険組合連合会)から「令和2年度 健康保険組合決算見込集計結果」が公表されました。


報告書によれば令和2年度決算見込みにおいて高齢者拠出金が増加(3.2%)し、新型コロナ感染拡大の影響から保険料収入が減少(▲0.7%)したものの、感染拡大下における受診

控え等により保険給付費が大きく減少(▲5.1%)し、2,952 億円の黒字となりました。

また業態別では、特定の業種(「繊維製品製造業」、「運輸業」、「宿泊業・飲食サービス業」、「生活関連サービス・娯楽業」)において報酬の悪化(特に賞与の悪化)が著しく関連組合の経常収支も大幅に悪化しております。


コロナ禍で受診控えという特殊な要因で黒字が維持されましたが、少子高齢化に歯止めが掛からない中で健保連としては厳しい財政状況が続くと分析しているようです。


くわしくはこちら

最新記事

すべて表示

厚生労働省から、新型コロナの影響により事業所が休業し、労働時間が減少したことにより離職された方の取り扱いについて、お知らせが公表されております。 具体的には、新型コロナの影響で事業所が休業し、おおむね1か月以上の期間、労働時間が週20時間を下回った、または下回ることが明らかになっ

令和4年3月31日に厚生労働省から、保険局の新着の通知として、「全世代対応型の社会保障制度を構築するための健康保険法等の一部を改正する法律による健康保険法等の改正内容の一部に関するQ&Aの送付について」が公表されました(ホームページには令和4年4月13日掲載)。 内容としては、同

令和3年8月から令和4年3月までの間に新型コロナウイルス感染症の影響による休業により報酬が著しく下がった方について、事業主からの届出により、健康保険・厚生年金保険料の標準報酬月額を、通常の随時改定(4か月目に改定)によらず、特例により翌月から改定を可能とする措置が講じられておりま