top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

事業復活支援金 申請期限を令和4年6月17日まで延長(経済産業省)

事業復活支援金は、新型コロナの影響を受け売上の減少した中小法人・個人事業者の事業の継続・回復を支援するためのもので、当ホームページでも以前ご案内いたしました。



この事業復活支援金について、その申請期限を令和4年6月17日(金)まで延長したとのお知らせがありました。


なお、申請前に必要な「登録確認機関による事前確認」の実施は同年6月14日(火)までとされております。

また、申請や事前確認のために必要な「申請IDの発行」は同年5月31日(火)までとされておりますのでご注意ください。


申請をお考えの場合は、早めに申請IDの発行、必要書類の準備などが必要です。

あらためて下記のリンク先をご参照ください。



最新記事

すべて表示

新型コロナに伴う失業認定及び受給期間の特例の終了について

令和5年5月8日より、新型コロナ感染症は、2類相当から5類へ移行する方針が決定されています。この方針の決定を受け、失業認定についての郵送認定の特例、求職活動実績の特例、職業に就くことができない状態が30日以上続いた場合の受給期間の延長に係る特例を、令和5年5月7日をもって終了する

「中小企業向け賃上げ促進税制」を周知するためのリーフレットが公表されています(日本商工会議所)

日本商工会議所は、「中小企業向け賃上げ促進税制」に関するリーフレットを公表しています。 中小企業向け「賃上げ促進税制」は、青色申告書を提出している中小企業者等が、一定の要件を満たした上で、前年度より給与等の支給額を増加させた場合、その増加額の一部を法人税(個人事業主は所得税)から

雇用調整助成金の特例措置(コロナ特例)の経過措置終了に関するリーフレットが公表されています

厚生労働省より、リーフレット「雇用調整助成金の特例措置(コロナ特例)の経過措置については、令和5年3月31日をもって終了します。」が公表されています。 リーフレットでは、通常の雇用調整助成金申請に関することや、令和5年4月以降のクーリング制度に関しての概要が記載されています。

Comments


bottom of page