• 坂の上社労士事務所

令和4年10月以降の小学校休業等対応助成金・支援金の内容等について

厚生労働省では、新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等により仕事を休まざるをえなくなった保護者の皆様を支援するため、小学校休業等対応助成金・支援金制度を設け、令和4年9月30日までの間に取得した休暇について支援を行っています。令和4年10月~11月の内容は次の通りとなります。


1.「小学校休業等対応助成金・支援金」について

①小学校休業等対応助成金(労働者を雇用する事業主の方向け)

休暇中に支払った賃金相当額×10/10を助成する点に変更はありません。

②小学校休業等対応支援金(委託を受けて個人で仕事をする方向け)

就業できなかった日について、1日あたり定額で支給する点に変更はありません。


2.「小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口」の設置期間の延長

小学校休業対応助成金に関する相談に対応するため、「小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口」を、令和4年12月28日までの期間、全国の都道府県労働局に設置しています。この設置期間も、延長する予定です。


3.新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の仕組みによる申請

労働局からの本助成金の活用の働きかけに事業主が応じていただけない場合に、令和4年9月末までに取得した休暇と同様に、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の仕組みにより、労働者が個人で申請できることとする対応も、令和4年11月末までに取得した休暇について行う予定です。


詳しくはこちら

最新記事

すべて表示

厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部より、新型コロナウイルス感染症の患者に対する療養解除基準について、その療養期間等を見直すことが公表されています。 この見直しは、令和4年9月7日以降、適用されることになります。 新たな療養解除基準の概要 ▼症状のある方 発症日から7日

厚生労働省より、人材開発支援助成金について、制度見直しのパンフレットが公表されております。具体的な制度変更の内容としては、訓練施設の要件変更、提出書類の省略、定額制訓練の要件変更、OJT訓練指導者の要件変更、教育訓練短時間勤務等制度の要件変更、OJTの実施要件の変更となります。