top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

健康保険の被扶養者の国内居住要件等について 通達改正(厚労省)

厚生労働省から、年金局の新着の通知(令和5年6月20日掲載)として、「「被扶養者の国内居住要件等について」の一部改正について(令和5年保保発0619第2号ほか)」が公表されました。

令和2年4月1日施行の改正により、健康保険(船員保険も同様)の被扶養者の要件に、国内居住要件が追加されました。

これを受けて、「国内居住要件に関するQ&A」この通達(Q&Aを含む)内容が更新されています。具体的には、以下となります。

抜粋致しますので、ご参考下さいませ。


Q2-2 外国に一時的に留学をする学生、外国に赴任する被保険者に同行する家族等の一時的な海外渡航を行う者であって、本来の在留活動を妨げない範囲の付随的な就労を行う場合又は就労しない場合の収入確認について、渡航先での滞在期間が短い等の理由で収入を確認する公的証明等が発行できない場合の取扱如何。

A 渡航先での滞在期間が短い等の理由で公的証明等が発行できない場合は、ビザにおいて、就労の可否、可能な就労の程度を確認し、今後1年間の収入を見込むこと。

ビザだけでは判断できない場合は、被保険者の勤務先において扶養手当の支給状況及び支給基準等を提出させ確認を行うこと。

なお、出国前の日本国内での収入で判断する場合は、海外に渡航していることによる状況の変化について考慮すること。

※このQ&Aに関する例も紹介されていますが、ここでは省略します。


最新記事

すべて表示

短時間労働者Q&A集 令和6年10月施行分を公表(厚労省)

厚生労働省から、「短時間労働者に対する健康保険・厚生年金保険の更なる適用拡大に係る事務の取扱いに関するQ&A集の送付について(令和6年1月17日事務連絡)」が公表されました。 Q&A集は、令和6年10月1日に施行される適用拡大に向けて、取りまとめられたものです。 1.被保険者資格の取得要件(総論) 2.特定適用事業所 3.任意特定適用事業所 4.1週間の所定労働時間が 20 時間以上 5.学生でな

中小企業向けPR動画「令和6年度税制改正のポイント」を公表(日商)

日本商工会議所は、令和6年度税制改正の内容を中小企業向けにコンパクトにまとめたYouTube動画「令和6年度税制改正のポイント」を作成し、これを公表しました。 この動画では、全国515商工会議所との連携の下、粘り強い要望活動によって拡充等が実現した「事業承継税制」や「賃上げ促進税制」、「交際費課税の特例」等について解説するとともに、商工会議所の要望活動やその成果等も紹介しているということです。 「

ワークエンゲージメント導入事例を更新(働き方・休み方改善ポータルサイト)

「働き方・休み方改善ポータルサイト(厚生労働省の委託事業)」では、企業の皆様が自社の社員の働き方・休み方の見直しや改善に役立つ情報を提供しています。このサイトでは、働く方々のエンゲージメントの向上に取り組む企業の取組事例を紹介していますが、それに新たな事例が追加されています。 詳しくは、こちら

bottom of page