top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

キャリアアップ助成金「正社員化コース」を拡充

「キャリアアップ助成金」は、非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップを促進するため、正社員化、処遇改善の取り組みを実施した事業主に対して助成金を支給する制度です。


「正社員化コース」について

有期雇用労働者等を正規雇用労働者に転換等をした場合に助成金を支給します。

2023年11月29日以降に正社員化した場合に下記の内容が適用されます。



①助成金(1人当たり)の見直し

支給対象期間を現行の「6か月」から「12か月」に拡充します。拡充に伴い、6か月あたりの助成額を見直します

※()の金額は大企業の金額です。

現状 57万円(42.75万円)    拡大 80万円(60万円)


・現行/中小企業:1期(6か月)で57万円助成 

 拡充後/中小企業:2期(12か月)で80万円助成(1期あたり40万円)


・有期から正規の場合の助成額。無期から正規の場合は上記の半額。

※1人目の正社員転換時には、③または④の加算措置あり。




②対象となる有期雇用労働者の要件緩和

対象となる有期雇用労働者の雇用期間を現行の「6か月以上3年以内」から「6か月以上」に緩和します。


【対象となる有期雇用労働者の雇用期間】

現行 6か月以上3年以内    拡大 6か月以上

※ 有期雇用期間が通算5年を超えた有期雇用労働者については、助成額は「無期から正規 」の転換と同額とする。




③正社員転換制度の規定に関する加算措置

新たに正社員転換制度の導入に取り組む事業主に対する加算措置を新設します。


【正社員転換制度を新たに規定し、当該雇用区分に転換等した場合】

※()の金額は大企業の金額です。

新設 20万円(15万円)

→1人目の転換時に①+③で合計100万円(大企業75万円)助成

※「無期から正規」の転換制度を新たに規定した場合も同額を加算。




④多様な正社員制度規定に関する加算措置

多様な正社員(勤務地限定・職務限定・短時間正社員)制度規定に関する加算額を増額します。


【「勤務地限定・職務限定・短時間正社員」制度を新たに規定し、当該雇用区分に転換等した場合】

※()の金額は大企業の金額です。

現行9.5万円(7.125万円)   拡充 40万円(30万円)

1人目の転換時に①+④で合計120万円(90万円)助成

※「無期から正規」の転換制度を新たに規定した場合も同額を加算。




【キャリアアップ助成金 注意点】

キャリアアップ助成金適用には、事前にキャリアアップ計画書を管轄の都道府 県労働局へ提出することが必要です。


③、④の加算措置について、「正社員転換制度」または「多様な正社員制度」を新たに設けた日と当該雇用区分に転換した日のいずれも同一のキャリアアップ計画期間に含まれている必要があります。







最新記事

すべて表示

令和6年分所得税の定額減税Q&Aを更新(国税庁より)

国税庁より、令和6年4月11日には、「令和6年分所得税の定額減税Q&A」を更新したとの発表がありました。 以下ピックアップした点です。 Q. 給与収入以外の所得により、令和6年分の合計所得金額が1,805万円を超えることが明らかであり、年末調整時に定額減税の適用を受けることができないので、月々の給与等から月次減税額を控除しないでほしいという申出が従業員からありました。この場合、従業員からの申出に従

割増賃金の算定における在宅勤務手当の取扱いについて(厚労省より)

厚労省より、労働基準局の新着の通知として、「割増賃金の算定におけるいわゆる在宅勤務手当の取扱いについて(令和6年4月5日基発0405第6号)」が公表されました。 今回の発表では、在宅勤務をする労働者に使用者から支給される「いわゆる在宅勤務手当」について、割増賃金の算定基礎から除外することができる場合を明確化するため、在宅勤務手当のうちどのようなものであれば割増賃金の算定基礎から除外することが可能で

Comments


bottom of page