厚生労働省関係の主な制度変更(令和2年10月)について/雇用保険の給付制限の短縮等

厚生労働省は、令和2年10月に実施される厚生労働省関係の主な制度変更のうち、特に国民生活に影響を与える事項について公表しています。雇用保険の給付制限の短縮など、重要な改正がございますので、実務担当者は要チェックです。

詳細はこちら


過去の記事もご参考下さいませ。

◆失業等給付(育児休業給付)の受給資格を得るために必要な「被保険者期間」の算定方法が変わります

詳細はこちら


◆失業給付を受給する際の「給付制限期間」が2か月に短縮されます」令和2年10月1日~適用

詳細はこちら


◆労災保険法が改正されます/複数事業労働者への労災保険給付【2020年9月1日~】

詳細はこちら

最新記事

すべて表示

1月1日 ①改正電子帳簿保存法 事前承認制度の廃止、スキャナ保存後の原本廃棄可能といった要件緩和、電子取引データを書面のみで保存不可、不正に対する措置の厳格化など ※2年の猶予期間あり ②改正雇用保険法 65歳以上の副業者への雇用保険適用 ③健康保険法 傷病手当金、受給開始日から