• 坂の上社労士事務所

未払賃金が請求できる期間などが延長されています/2020年4月1日~/労働基準法一部改正

既に本年4月1日より施行されてはいますが、あらためて会社様への周知も含め、ご案内させて頂きます。

➊賃金請求権の消滅時効期間の延長

賃金請求権の消滅時効期間を5年(これまでは2年)に延長しつつ、当分の間はその期間が3年となります。

☛時効期間延長の対象となる具体例

・金品の返還(賃金請求に限定)

・賃金の支払

・非常時払

・休業手当

・出来高払制の保障給

・時間外・休日労働等に対する割増賃金

・未成年者の賃金

年次有給休暇中の賃金

※ただし、年次有給休暇における有給取得請求権は、従来通り2年


❷賃金台帳などの記録の保存期間の延長

賃金台帳などの記録の保存期間を5年に延長しつつ、当分の間はその期間が3年になります。

☛保存期間延長の対象となる具体例 ①労働者名簿

②賃金台帳

③雇入れに関する書類

④解雇に関する書類

⑤災害補償に関する書類

⑥賃金に関する書類

⑦その他の労働関係に関する重要な書類

⑧労働基準法施行規則・労働時間等設定改善法施行規則で保存期間が定められている記録

※②⑥⑦⑧の記録に関する賃金の支払期日が記録の完結日より遅い場合には、当該支払期日が記録の保存期間の起算日となることを明確化

【事例】賃金計算期間:10/16~11/15、給与支払日11/25⇒11/25から3年間保存義務あり


❸付加金の請求期間の延長

付加金使用者に一定の違反がある場合に、裁判所が支払いを命じる金銭を請求できる期間を5年(これまでは2年)に延長しつつ、当分の間はその期間が3となります。

☛付加金制度の対象となる具体例

・解雇予告手当

・休業手当

時間外・休日・深夜労働の割増賃金

・年次有給休暇中の賃金


詳しくはこちら

最新記事

すべて表示

ワクチン接種に関する休暇や労働時間の取扱いについて/新型コロナウイルスに関するQ&A(企業向け)

厚生労働省では、「新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)」を公表しています。今回は、ワクチン接種に関する休暇や労働時間についてのQ&Aを抜粋して記載します。 問20:ワクチン接種に関する休暇や労働時間の取扱い Q.自社に勤める労働者が新型コロナワクチンの接種を安心して受

【令和3年8月~】雇用継続給付等申請の添付書類が一部不要に

厚生労働省から、次の内容が公表されています。 1.令和3年8月1日~ ①育児休業給付金、介護休業給付金、高年齢雇用継続給付金の手続の際、通帳等の写しを原則不要にします。 ※手書きで申請書を作成する場合は、引き続き必要になります。 ②高年齢雇用継続給付の手続の際、あらかじめマイナン

2021年7月以降の雇用調整助成金の特例措置等について

緊急事態宣言の延長に伴い、7月以降も雇用調整助成金の特例措置が延長されます。助成内容については、5月・6月と同じ内容となります。8月以降については、6月中に公表される予定です。今回も、中小企業にフォーカスしてご案内します。 詳しくはこちら 1.令和3年5月・6月・7月 助成率 9