• 坂の上社労士事務所

未払賃金が請求できる期間などが延長されています/2020年4月1日~/労働基準法一部改正

既に本年4月1日より施行されてはいますが、あらためて会社様への周知も含め、ご案内させて頂きます。

➊賃金請求権の消滅時効期間の延長

賃金請求権の消滅時効期間を5年(これまでは2年)に延長しつつ、当分の間はその期間が3年となります。

☛時効期間延長の対象となる具体例

・金品の返還(賃金請求に限定)

・賃金の支払

・非常時払

・休業手当

・出来高払制の保障給

・時間外・休日労働等に対する割増賃金

・未成年者の賃金

年次有給休暇中の賃金

※ただし、年次有給休暇における有給取得請求権は、従来通り2年


❷賃金台帳などの記録の保存期間の延長

賃金台帳などの記録の保存期間を5年に延長しつつ、当分の間はその期間が3年になります。

☛保存期間延長の対象となる具体例 ①労働者名簿

②賃金台帳

③雇入れに関する書類

④解雇に関する書類

⑤災害補償に関する書類

⑥賃金に関する書類

⑦その他の労働関係に関する重要な書類

⑧労働基準法施行規則・労働時間等設定改善法施行規則で保存期間が定められている記録

※②⑥⑦⑧の記録に関する賃金の支払期日が記録の完結日より遅い場合には、当該支払期日が記録の保存期間の起算日となることを明確化

【事例】賃金計算期間:10/16~11/15、給与支払日11/25⇒11/25から3年間保存義務あり


❸付加金の請求期間の延長

付加金使用者に一定の違反がある場合に、裁判所が支払いを命じる金銭を請求できる期間を5年(これまでは2年)に延長しつつ、当分の間はその期間が3となります。

☛付加金制度の対象となる具体例

・解雇予告手当

・休業手当

時間外・休日・深夜労働の割増賃金

・年次有給休暇中の賃金


詳しくはこちら

最新記事

すべて表示

お問い合わせの前に/スタートアップ企業、ベンチャー企業向け

代表社会保険労務士の前田です。最近、当事務所も徐々に認知され始め、大変ありがたいことで、お問い合わせの件数も増えております。各企業様においては、様々な事情、様々なニーズがあることは承知しておりますし、最大限企業様のニーズにお応えさせて頂きたいと思いますが、下記のようなケースではそ

職場内で濃厚接触者と推定される従業員の勤務をどう判断するか

新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。コロナ感染者については都道府県知事による就業制限が課されますが、濃厚接触者の場合はどのような判断をすれば良いか迷うケースが多々あります。今回は、濃厚接触者の就業制限について、当事務所の考え方を解説します。 1.就業制限・自宅待機期間の原

健康保険証の直接交付が可能になります【令和3年10月施行】

1.改正の経緯・趣旨 健康保険制度における保険証については、保険者(例:協会けんぽなど)から事業主に送付し、事業主から被保険者に交付すること等が義務付けられています。しかし、テレワークの普及に伴い、在宅勤務者が出社しない場合の保険証の引き渡しに時間を要することから、こうした問題に