• 坂の上社労士事務所

厚生労働省、雇用保険料を2022年度(2022年4月以降)から引き上げ検討へ

今朝の日本経済新聞において、「雇用保険料、22年度にも引き上げへ」という記事を確認しました。雇用調整助成金の給付決定額が4兆円を超え、財源ひっ迫が原因とのことです。もともと、労働保険特別会計雇用勘定は潤沢にありましたが(コロナ前の2019年度は4兆5千億円)、1700億円程度に減少する見通しです。


具体的な保険料率の内容ですが、検討の内容が実現するとなれば、以下のようになります。

①事業主負担保険料

雇用保険 二事業の保険料率 0.3% ⇒ 引き上げ後は0.35%へ

失業等給付・ 育児休業給付の 保険料率 0.3% ⇒ 引き上げ後は 0.6~0.8%の間 

②労働者負担保険料 0.3% ⇒ 引き上げ後は 0.4~0.6%の間


社会保険料に比べれば負担の影響は少ないですが、それでも保険料費用が増加するのは間違いなさそうです。


ご参考 現在の雇用保険料率

最新記事

すべて表示

令和4年3月31日に厚生労働省から、保険局の新着の通知として、「全世代対応型の社会保障制度を構築するための健康保険法等の一部を改正する法律による健康保険法等の改正内容の一部に関するQ&Aの送付について」が公表されました(ホームページには令和4年4月13日掲載)。 内容としては、同

令和4年4月1日より日本年金機構では、日・スウェーデン社会保障協定の発効について、事前周知を行っております。 概要としては「社会保障に関する日本国とスウェーデン王国との間の協定(日・スウェーデン社会保障協定)」について、令和4年3月28日に、効力発生のための外交上の公文の交換が行