• 坂の上社労士事務所

厚生労働省、雇用保険料を2022年度(2022年4月以降)から引き上げ検討へ

今朝の日本経済新聞において、「雇用保険料、22年度にも引き上げへ」という記事を確認しました。雇用調整助成金の給付決定額が4兆円を超え、財源ひっ迫が原因とのことです。もともと、労働保険特別会計雇用勘定は潤沢にありましたが(コロナ前の2019年度は4兆5千億円)、1700億円程度に減少する見通しです。


具体的な保険料率の内容ですが、検討の内容が実現するとなれば、以下のようになります。

①事業主負担保険料

雇用保険 二事業の保険料率 0.3% ⇒ 引き上げ後は0.35%へ

失業等給付・ 育児休業給付の 保険料率 0.3% ⇒ 引き上げ後は 0.6~0.8%の間 

②労働者負担保険料 0.3% ⇒ 引き上げ後は 0.4~0.6%の間


社会保険料に比べれば負担の影響は少ないですが、それでも保険料費用が増加するのは間違いなさそうです。


ご参考 現在の雇用保険料率

最新記事

すべて表示

日本年金機構は、社会保険料(国民年金保険料)控除証明書の電子データを、マイナポータルの「お知らせ」で受け取れる電子送付サービスを開始したと公表しています。受け取った電子データは、e-Taxでの確定申告等や年末調整で利用することができます。 会社の年末調整ソフトウエアが年末調整の電

新型コロナウイルス感染症の影響による休業により著しく報酬が下がった方について、事業主からの届出により、健康保険・厚生年金保険料の標準報酬月額を、通常の随時改定(4か月目に改定)によらず、特例により翌月から改定を可能とする措置が講じられているところです。今般、令和4年10月または令