• 坂の上社労士事務所

在宅勤務の実施率は7割うち74.2%がコロナ禍の緊急措置で実施 産労総合研究所

産労総合研究所が1982(昭和57)年より実施している「労働時間,休日・休暇管理に関す る調査」の2021年度の調査結果を公表いたしました。


従来調査してきた1:労働時間・休憩時間、2:年間休日・季節的休暇、3:年次有給休暇、4:時間外・休日労働に加え新型コロナウイルス感染拡大を受けて、テレワーク、とくに在宅勤務 を急遽導入する企業が急増したため5:在宅勤務も調査したのが今回の特徴となっております。


調査結果のポイントとしては、

(1)労働時間・休憩時間

1日の労働時間は、全体平均7時間46分、1週の所定労働時間は全体平均で7時間46分、年間所定労働時間は、全体平均で1,900時間18分。

(2)年間休日・季節的連続休暇

週休日と国民の祝日等をあわせた年間所定休日日数は、平均119.7日で前回調査(2014年度)より増加したものの、依然として120日には届かない状況が続いている。

(3)年次有給休暇

勤続6カ月経過時の年休付与日数は平均10.7日で法定の義務(6カ月経過日に10日以上の年休を付与)を若干上回った。以後は法定日数を1日程度上回り、勤続4年6カ月以降は法定に近くなる。最高平均付与日数は20.4日。

使用者が年休の5日について時季を指定して取得させることが義務となったが、この5日の時季指定を実施した企業は49.2%。

(4)時間外・休日労働

36協定の有効期間は、1年とする企業が97.3%。限度時間を決める単位(一定期間の区分)については、1カ月とする企業が61.8%である。限度時間の分布をみると、法定限度時間である45時間が69.2%で最も多く、平均は45.3時間。

(5)在宅勤務

在宅勤務を実施している企業は70.6%。在宅勤務の対象が、全社員は44.7%、特定部署のみは37.1%。1週間での回数上限は、上限の定めなしが63.6%。中抜け時間は認めない企業が33.3%。



くわしくはこちら


最新記事

すべて表示

雇用調整助成金の特例措置は段階的に縮小【令和4年1月以降】

11月19日に厚生労働省より政府方針として新型コロナウイルス感染症に係る雇用調整助成金・緊急雇用安定助成金、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の特例措置について、令和4年1月~3月の具体的な助成内容の予定が公表されました。 現在は特例措置として一人あたり1万3,500

中小企業子ども・子育て支援環境整備助成事業(くるみん認定)が始まります

内閣府の推進する新子育て安心プランに基づき労働者に係る育児休業等の取得を促進するなど、子ども・子育て支援に積極的に取り組んでいる事業主の支援し企業における子ども・子育て支援環境の整備を促進して待機児童の解消実現を図ることを目的とした助成金制度が新設されます。 助成に必要な要件は下