top of page
  • 坂の上社労士事務所

令和4年度の都道府県単位保険料率すべての都道府県で変更される見込【協会けんぽ】

協会けんぽ(全国健康保険協会)から、令和4年1月27日開催の「第115回全国健康保険協会運営委員会資料」が公表されました。



そのポイントは次のとおりです。 ◆都道府県単位保険料率は、すべての都道府県で変更(18都道府県で引き下げ。29県で引き上げ)。 ◆全国平均10%は維持。 ◆全国一律の介護保険料率は、1.80%から1.64%に引き下げ。


主な都道府県の保険料率は以下の通り変更される見込みです。


・東京都   9.84% ⇒ 9.81%

・神奈川県  9.99% ⇒ 9.85%

・大阪府 10.29% ⇒ 10.22%

・愛知県   9.91% ⇒ 9.93%

・京都府   10.06% ⇒ 9.95%

・福岡県   10.22% ⇒ 10.21%

・宮崎県   9.83% ⇒ 10.14%

・沖縄県   9.95% ⇒ 10.09%


詳しくはこちら






最新記事

すべて表示

協会けんぽより、新型コロナにかかる傷病手当金の申請について、その要件など、わかりやすく説明されたページが公開されています。濃厚接触者の場合の判断、医師証明不要のケース(申立が必要になる場合もあり)、注意事項も含め説明されているのでご参考下さい。 なお、令和5年1月より、傷病手当金

日本年金機構は、社会保険料(国民年金保険料)控除証明書の電子データを、マイナポータルの「お知らせ」で受け取れる電子送付サービスを開始したと公表しています。受け取った電子データは、e-Taxでの確定申告等や年末調整で利用することができます。 会社の年末調整ソフトウエアが年末調整の電

bottom of page