• 坂の上社労士事務所

令和4年度の都道府県単位保険料率すべての都道府県で変更される見込【協会けんぽ】

協会けんぽ(全国健康保険協会)から、令和4年1月27日開催の「第115回全国健康保険協会運営委員会資料」が公表されました。



そのポイントは次のとおりです。 ◆都道府県単位保険料率は、すべての都道府県で変更(18都道府県で引き下げ。29県で引き上げ)。 ◆全国平均10%は維持。 ◆全国一律の介護保険料率は、1.80%から1.64%に引き下げ。


主な都道府県の保険料率は以下の通り変更される見込みです。


・東京都   9.84% ⇒ 9.81%

・神奈川県  9.99% ⇒ 9.85%

・大阪府 10.29% ⇒ 10.22%

・愛知県   9.91% ⇒ 9.93%

・京都府   10.06% ⇒ 9.95%

・福岡県   10.22% ⇒ 10.21%

・宮崎県   9.83% ⇒ 10.14%

・沖縄県   9.95% ⇒ 10.09%


詳しくはこちら






最新記事

すべて表示

厚生労働省から、被保険者資格の勤務期間要件(2月要件)の見直し及び適用除外要件の見直しを取り上げた、『年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律の施行(令和4年10月施行分)に伴う事務の取扱いに関するQ&A集』が公表されています。 Q&A一部抜粋 ▼問2 2月以内

日本と社会保障協定を結ぶ国に派遣されている従業員が、相手国での社会保障制度への加入の免除を受けるためには、日本の制度に加入していることを証明する「適用証明書」の交付を受け、派遣先相手国に提出する必要があります。 この「適用証明書」の交付を受けるための各種申請書は、事業主が、最寄りの年金事務所や事務センターに提出することとされていましたが、令和4年10月1日からは、その提出先を、次のように変更される