• 坂の上社労士事務所

雇用調整助成金の特例措置 4月1日以降は申請の都度、業況の確認が必要【厚労省】

3月22日付けで厚生労働省より雇用調整助成金の特例措置について告知がございました。

令和4年3月31日が期限とされてきた雇用調整助成金の特例措置について6月30日まで延長するとともに、申請にあたって業況の確認について運用が変更されるとのことです。

具体的には以下の様に告知されております。


◆令和3年12月末までに業況特例を利用している(=業況の確認を既に行った)事業主が、判定基礎期間の初日が令和4年1月1日以降の休業等について申請を行う場合は、最初の申請において、業況特例の対象となることについて業況再確認を行いますので、売上等の書類の再提出が必要になります。


◆判定基礎期間の初日が令和4年4月1日以降の休業等について業況特例の申請を行う全ての事業主は、申請の都度業況の確認を行いますので、売上等の生産指標の提出が必要になります。その際、提出する生産指標は、最新の数値を用いて判断することになります原則として生産指標を変更することはできません。



3月21日付ですべての都道府県でまん延防止等重点措置が解除され、経済活動の正常化が目指される中で、特例措置の運用については厳格化が図られることとなるようです。


詳しくはこちら


最新記事

すべて表示

厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部より、新型コロナウイルス感染症の患者に対する療養解除基準について、その療養期間等を見直すことが公表されています。 この見直しは、令和4年9月7日以降、適用されることになります。 新たな療養解除基準の概要 ▼症状のある方 発症日から7日

厚生労働省より、人材開発支援助成金について、制度見直しのパンフレットが公表されております。具体的な制度変更の内容としては、訓練施設の要件変更、提出書類の省略、定額制訓練の要件変更、OJT訓練指導者の要件変更、教育訓練短時間勤務等制度の要件変更、OJTの実施要件の変更となります。