top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

現物給与の価額(食事)改正について資料公表(日本年金機構)

さきごろ改正された、健康保険、船員保険、厚生年金保険及び労働保険における「厚生労働大臣が定める現物給与の価額」が令和4年4月1日から適用されるにあたり、日本年金機構からQ&A付きのわかりやすい資料が公表されました。


今回の改正は、現物給与の価額をより現在の実態に即したものとするため、「食事で支払われる報酬等」に係る現物給与の価額を改正するものとなっております。


今回の改正では「住宅で支払われる報酬等」に係る現物給与の価額は変更がありません。


標準報酬月額の決定・改定の際に、現物給与として処理されている食事代等がある企業では、確認しておくことが必要となるでしょう。




最新記事

すべて表示

オンライン事業所年金情報サービスを開始(日本年金機構)

令和5年1月より、e-Govのマイページから社会保険料額情報等をオンラインで取得・ 確認できるサービス(オンライン事業所年金情報サービス)が開始されました。具体的には、社会保険料額情報、保険料増減内訳書、被保険者データ等を電子データで受け取ることができます。電子データを社内システムで取り込み、自社で保有するデータとの突合を行う等、業務の効率化を図ることも可能です。 詳しくはこちら

社会保障協定の適用証明書の交付を受けるための各種申請書の送付先が変更されました

日本と社会保障協定を結ぶ国に派遣されている従業員が、相手国での社会保障制度への加入の免除を受けるためには、日本の制度に加入していることを証明する「適用証明書」の交付を受け、派遣先相手国に提出する必要があります。 この「適用証明書」の交付を受けるための各種申請書は、事業主が、最寄りの年金事務所や事務センターに提出することとされていましたが、令和4年10月1日からは、その提出先を、次のように変更される

Commentaires


bottom of page