top of page
  • 執筆者の写真坂の上社労士事務所

小学校休業等対応助成金を個人が申請しやすいよう改善 厚生労働省

令和4年2月16日に厚生労働省から公表されたリーフレットに、小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口の運用を柔軟にして、個人申請の場合の手続の改善を行っていくとお知らせがありました。


具体的には下記のように助成金申請をより労働者個人が行いやすく改善していくとのことです。



①特別相談窓口では、労働者の方からのご相談内容に応じて、事業主に、特別休暇制度導入・助成金活用の働きかけを行います。

②それでも事業主が助成金の活用に応じない場合には、労働者の方から休業支援金・給付金の支給申請ができる

 よう、労働局から事業主に必要な協力の働きかけを行います。



申請をまずは受け付けるものの、最終的には、


・該労働者を休業させたとする扱いとすることを事業主が了承すること。

・休業支援金・給付金の申請に当たって、事業主記載欄の記入や当該労働者への証明書類の提供について、事業主の協力が得られること。


が給付の条件となっており、都道府県労働局からの協力依頼の実効性がどの程度かは今後見ていく必要がありそうです。



最新記事

すべて表示

雇用調整助成金Q&A更新/新型コロナ患者は助成の対象外

雇用調整助成金に関し、以下の通りQ&Aが更新されています。 抜粋致しますので、ご参考下さいませ。 ●設問03-15 Q 新型コロナウイルス感染症等の疾病により入院するなどして、就労することができない労働者は、助成金の対象になりますか。 A 雇用調整助成金は、経済上の理由により事

新型コロナ5類感染症移行後の対応について

感染症法では、感染症について感染力や感染した場合の重篤性などを総合的に勘案し1~5類等に分類し、感染拡大を防止するために行政が講ずることができる対策を定めています。 新型コロナウイルス感染症の位置づけは、これまで、「新型インフルエンザ等感染症(いわゆる2類相当)」としていましたが

Comments


bottom of page