• 坂の上社労士事務所

令和3年4月1日より現物給与価額(食事・住宅)が改正されます

社会保険の被保険者が、会社から労働の対償として現物で支給される場合、その現物を通貨に換算し報酬に合算のうえ、保険料額算定の基礎となる標準報酬月額を求めることになります。現物支給が食事や住宅である場合は、「厚生労働大臣が定める現物給与の価額」に基づいて通貨に換算します。今回、この現物給与の価額が改正されます。


詳しくはこちら


☛よくある質問(パンフレットより抜粋)

Q1.現物給与とはどのようなものか?

A1.給与は、金銭で支給されるのが一般的ですが、住宅(社宅や寮など)の貸与、食事、自社製品、通勤定期券などで支給するものを現物給与といいます。現物給与で支給するものがある場合は、その現物を通貨に換算し、金銭と合算して標準報酬月額の決定を行います。


Q2.現物給与価額の改正は、固定的賃金の変動に該当するのか?

A1.固定的賃金の変動に該当します。


Q3.食事の現物給与価額について、従業員の給与から食事代を徴収している場合は、どの ように計算するのか? ※大阪府で試算

A.以下の2パターンとなります。

【パターン①】現物給与価額の3分の2未満を食事代として徴収している場合

⇒現物給与価額から徴収額を引いた価額が現物給与価額となります。

1カ月あたり食事代徴収額 13,000円

1カ月あたり現物給与価額 21,000円(3分の2=14,000円)

現物給与価額=21,000円-13,000円=8,000円


【パターン②】現物給与価額の3分の2以上を食事代として徴収している場合

⇒現物による食事の供与はないものとして取り扱います。

1カ月あたり食事代徴収額 15,000円

1カ月あたり現物給与価額 21,000円(3分の2=14,000円)

現物給与価額=0円


Q4.住宅の現物給与価額について、従業員の給与から家賃等を徴収している場合は、どの ように計算するのか? ※東京都、7畳で試算

A.住宅の家賃等を徴収している場合は、現物給与から徴収額を差し引いた額が現物給与価額となります。

【パターン①】徴収額が現物給与より少ない場合

⇒現物給与価額から徴収額を引いた価額が現物給与価額となります。

1カ月あたり家賃等徴収額 10,000円

1カ月あたり現物給与価額 19,810円

現物給与価額=19,810円-10,000円=9,810円


【パターン①】徴収額が現物給与より多い場合

⇒現物による住宅等の供与はないものとして取り扱います。

1カ月あたり家賃等徴収額 20,000円

1カ月あたり現物給与価額 19,810円

現物給与価額=0円

最新記事

すべて表示

厚生労働省から、被保険者資格の勤務期間要件(2月要件)の見直し及び適用除外要件の見直しを取り上げた、『年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律の施行(令和4年10月施行分)に伴う事務の取扱いに関するQ&A集』が公表されています。 Q&A一部抜粋 ▼問2 2月以内

日本と社会保障協定を結ぶ国に派遣されている従業員が、相手国での社会保障制度への加入の免除を受けるためには、日本の制度に加入していることを証明する「適用証明書」の交付を受け、派遣先相手国に提出する必要があります。 この「適用証明書」の交付を受けるための各種申請書は、事業主が、最寄りの年金事務所や事務センターに提出することとされていましたが、令和4年10月1日からは、その提出先を、次のように変更される