• 坂の上社労士事務所

令和3年4月1日より現物給与価額(食事・住宅)が改正されます

社会保険の被保険者が、会社から労働の対償として現物で支給される場合、その現物を通貨に換算し報酬に合算のうえ、保険料額算定の基礎となる標準報酬月額を求めることになります。現物支給が食事や住宅である場合は、「厚生労働大臣が定める現物給与の価額」に基づいて通貨に換算します。今回、この現物給与の価額が改正されます。


詳しくはこちら


☛よくある質問(パンフレットより抜粋)

Q1.現物給与とはどのようなものか?

A1.給与は、金銭で支給されるのが一般的ですが、住宅(社宅や寮など)の貸与、食事、自社製品、通勤定期券などで支給するものを現物給与といいます。現物給与で支給するものがある場合は、その現物を通貨に換算し、金銭と合算して標準報酬月額の決定を行います。


Q2.現物給与価額の改正は、固定的賃金の変動に該当するのか?

A1.固定的賃金の変動に該当します。


Q3.食事の現物給与価額について、従業員の給与から食事代を徴収している場合は、どの ように計算するのか? ※大阪府で試算

A.以下の2パターンとなります。

【パターン①】現物給与価額の3分の2未満を食事代として徴収している場合

⇒現物給与価額から徴収額を引いた価額が現物給与価額となります。

1カ月あたり食事代徴収額 13,000円

1カ月あたり現物給与価額 21,000円(3分の2=14,000円)

現物給与価額=21,000円-13,000円=8,000円


【パターン②】現物給与価額の3分の2以上を食事代として徴収している場合

⇒現物による食事の供与はないものとして取り扱います。

1カ月あたり食事代徴収額 15,000円

1カ月あたり現物給与価額 21,000円(3分の2=14,000円)

現物給与価額=0円


Q4.住宅の現物給与価額について、従業員の給与から家賃等を徴収している場合は、どの ように計算するのか? ※東京都、7畳で試算

A.住宅の家賃等を徴収している場合は、現物給与から徴収額を差し引いた額が現物給与価額となります。

【パターン①】徴収額が現物給与より少ない場合

⇒現物給与価額から徴収額を引いた価額が現物給与価額となります。

1カ月あたり家賃等徴収額 10,000円

1カ月あたり現物給与価額 19,810円

現物給与価額=19,810円-10,000円=9,810円


【パターン①】徴収額が現物給与より多い場合

⇒現物による住宅等の供与はないものとして取り扱います。

1カ月あたり家賃等徴収額 20,000円

1カ月あたり現物給与価額 19,810円

現物給与価額=0円

最新記事

すべて表示

厚生労働省、雇用保険料を2022年度(2022年4月以降)から引き上げ検討へ

今朝の日本経済新聞において、「雇用保険料、22年度にも引き上げへ」という記事を確認しました。雇用調整助成金の給付決定額が4兆円を超え、財源ひっ迫が原因とのことです。もともと、労働保険特別会計雇用勘定は潤沢にありましたが(コロナ前の2019年度は4兆5千億円)、1700億円程度に減

【最低賃金28円の引き上げを提示】令和3年度の地域別最低賃金改定の目安について

令和3年7月16日に開催された「第61回中央最低賃金審議会」で、令和3年度の地域別最低賃金額改定の目安について、答申の取りまとめが行われ、その内容が厚生労働省から公表されました。今年度の目安で示された引上げ額は、A~Dランクのすべてについて「28円」となっています。 【答申のポイ

高齢者の窓口負担の引き上げのほか、傷病手当金や育休保険料免除の見直しを盛り込んだ健康保険法等の改正が成立

令和3年6月4日、「全世代対応型の社会保障制度を構築するための健康保険法等の一部を改正する法律」が、国会で可決・成立しました。高齢者の窓口負担の見直し(75歳以上の医療費2割負担)の導入、傷病手当金の支給期間の通算化や育児休業中の保険料免除要件の見直しといった改正も行われます。