• 坂の上社労士事務所

盲点となる賞与規定への対応【キャリアアップ助成金/正社員転換コース】

1.5%が3%に

令和3年4月1日より、キャリアアップ助成金が一部改正されます。最も大きな改正としては、今まで基本給の5%上昇が条件となっていたところ、4月1日以降に正社員へ転換する場合は、3%上昇で条件を満たすようになることです。2%の減少といえど、中小企業にとっては朗報で、今後さらに正社員転換コースを利用しやすくなるのではないでしょうか。

【事例1】正社員転換日 令和3年3月1日⇒基本給の5%上昇が必要

【事例2】正社員転換日 令和3年4月1日以降⇒基本給の3%上昇が必要


2.賞与要件は撤廃

改正前までは、基本給の上昇をせず、基本給の5%×6カ月分を賞与で支払えば助成金の条件を満たしていたところ、本年4月以降はその制度を使うことができません。この点は注意が必要です。特に、4月前後で転換日を迎えるケースはさらに注意が必要です。

【事例1】正社員転換日 令和3年3月1日⇒賞与要件適用。3月1日~8月31日までに就業規則で定められた賞与支払日があれば、その賞与支払時に基本給の5%×6カ月分を支払えば助成金の受給条件を満たすことになります。

【事例2】正社員転換日 令和3年4月1日以降⇒賞与要件なし。基本給を上昇させることでしか助成金の要件を満たすことはできません。


3.リスク予防の観点

もう一点、『労務リスクの予防』という別の観点で対応が必要です。

恒常的な基本給上昇に抵抗があった中小企業は、「賞与」という一時金を支払うことで正社員転換コースの条件をクリアしてきた実情があります。注意すべきは、助成金の条件をクリアする為に、就業規則に賞与規定を新設した企業です。仮に、キャリアアップ助成金の受給条件に関わらず、今後賞与を支払う予定がないのであれば、賞与の規定は即削除すべきです。この規定を残すことで、後々大きなトラブル(賞与支払リスク)を招きかねません。法に則り、就業規則改定の手続を実施しましょう。あわせて、正社員用の雇用契約書に賞与支給の記載がある場合も見直しが必要です。


☛関連記事

【令和3年度最重要改正】キャリアアップ助成金が令和3年4月から変わります

最新記事

すべて表示

令和4年4月22日に独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構のホームページで、障害者雇用納付金制度に基づく助成金に関するFAQが更新されました。 雇用納付金制度に基づく助成金は、障害者雇用促進法に基づき設けられた障害者雇用納付金制度として、障害者の雇入れや雇用の継続を行うために

厚生労働省から、小学校休業等対応助成金の対象となる休暇取得の期間を令和4年6月30日まで延長したことに伴って、新たに対象となった期間に係る申請様式等を掲載したとのお知らせが公表されました。 これに伴い、小学校休業等対応助成金(リーフレット)も、令和4年3月31日版に更新されていま

令和4年4月1日付けで厚生労働省から、雇用関係助成金全体のパンフレットとして、「令和4年度 雇用・労働分野の助成金のご案内(簡略版)」が公表されました。 令和4年度予算に基づく最新の雇用・労働分野の助成金が紹介されております。 各種の助成金について概要を知ることが出来る資料となっ