• 坂の上社労士事務所

令和3年度の協会けんぽ保険料率は3月分(4月納付分)から改定されます/健康保険・介護保険

協会けんぽ(全国健康保険協会)から、3月分(4月納付分)健康保険料率が公表されています。


▼令和3年度の変更のポイント

1.保険料率は、富山県以外は引き上げ又は引き下げ(全国平均10%は維持)

2.全国一律の介護保険料率は、1.79%から1.80%に引き上げ

3.健康保険の最高料率は佐賀県の10.68%、最低料率は新潟県の9.50%


▼実務上(給与計算)の注意点

当月分の社会保険料を当月支払いの給与から徴収している場合

3月支払いの給与計算から料率改定

当月分の社会保険料を翌月支払いの給与から徴収している場合

4月支払いの給与計算から料率改定


▼保険料率改定例

東京都 9.87% ⇒ 9.84%

埼玉県 9.81% ⇒ 9.80%

神奈川県 9.93% ⇒ 9.99%

千葉県 9.75% ⇒ 9.79%

愛知県 9.88% ⇒ 9.91%

大阪府 10.22% ⇒ 10.29%

福岡県 10.32% ⇒ 10.22%

宮崎県 9.91% ⇒ 9.83%

沖縄県 9.97% ⇒ 9.95%


詳しくはこちら


保険料額表はこちら


☛当事務所からのアドバイス

健康保険組合の保険料率も同時期に改定されます。

例】関東ITソフトウェア健康保険組合 保険料率は据え置き(健康保険料率8.5%、介護保険料率1%) 保険料額表

最新記事

すべて表示

令和3年分の年末調整に関する資料が国税庁より公表されています

早いもので、年末調整の時期が近づいてきました。 国税庁より、「令和3年分年末調整のしかた」や、令和3年分年末調整のための各種申告書など、令和3年分の年末調整に関する資料が公表されています。ご確認下さいませ。 詳しくはこちら ☛ご参考:令和3年改正点 1.税務関係書類における押印義

企業型DC・iDeCoの加入可能年齢の拡大(2022年5月1日施行)/確定拠出年金改正

2022年5月から、以下の内容で改正となります。 1.企業型DC 【現行】 60歳未満の厚生年金被保険者が対象 ※60歳以降は、企業型DC規約に定めがある場合、60歳前と同一事業所で引き続き使用される厚生年金被保険者に限り、最大65歳未満を加入者とすることができました。 【改正】